ゴシック・アンド・ロリータってどんなの?

{ Posted by enks on March 10, 2008 }

ゴシック・アンド・ロリータっていうのは、本来は異なるゴシックとロリータの要素を強引に合体させた日本で生まれた独自のファッションスタイルである。通称はゴスロリで、これを使いだしたのは、2000年にゴシック・アンド・ロリータに特化した雑誌として創刊されゴシック&ロリータが一般に広がるきっかけとなった「ゴシック&ロリータバイブル」の読者たちが現在の形の原型である。ゴシック・アンド・ロリータは、特にゴス&ロリやゴシックロリータとも呼ばれることもあり、ゴシックロリータはゴシックやロリータ関連の服装を差す言葉として使われるが一般的となっている。しかし、色々なこだわりなどが存在し、一言で説明するのは難しいのが現状である。ストリート・ファッションではあるものの西欧貴族の伝統や文化を継承しようとする姿勢を持っている点が独特であるゴシック・アンド・ロリータは、ロココスタイルのような中世の貴婦人を思わせる幻想的な装いを特徴である。世間一般的には不気味なイメージで認識されているので、職場や学校へ着ていくことはできないと定着化されている。ゴシック・アンド・ロリータの客単価の高さに注目されている。しかしその一方ゴシック・アンド・ロリータの市場規模が拡大しない傾向がある原因として着られる時間、ゴシック・アンド・ロリータというジャンルに所属する人口の数などが不安定なためだというふうに指摘する人もいる。実際問題、ゴシック・アンド・ロリータが職場や学校へ着て行くことが困難なために実際に着用する回数が少ないので、購入するアイテム数が限定されてしまうことや、 20代や30代になるとなかなかゴシック・アンド・ロリータは着用できないと考える人が多く、購買層が20代までの若い層に集中しているために、客単価が上がらないという考えが多いのである。

ゴシック・アンド・ロリータとオタクの関係とは?

{ Posted by enks on March 8, 2008 }

ゴシック・アンド・ロリータとオタク文化では類似しているものがあると、樋口ヒロユキ氏は「両者ともにジェンダー・バランスが極端に偏っている。オタクは巨大な乳房を好んでいて、ゴシック・ロリータは中性的な美少年を好むことがほとんどで、オタクは美少女フィギュアを好み、ゴシック・ロリータはナルシスティックな球体関節人形を愛する」などと指摘している。 ゴシック・アンド・ロリータは性の変わりに死を用いる「タナトスの文化」で、オタクは性的妄想を隠そうとしない「エロスの文化」である。ゴシック・アンド・ロリータは性の変わりに死を用いる「タナトスの文化」であるとした。この他にもゴシック・アンド・ロリータとオタク文化の関係にはメイドの存在があるのである。日本のアニメーションやゲーム世界のキャラクターに必須となったメイドであるが、メイド的な服装のキャラクターは有名な「不思議の国のアリス」でジョン・テニエルの挿絵でも確認できるもので、比較的真新しいものではない。


 
  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 二輪  コナンの里自動車学校  フォクトランド  タイヤ 価格  タイヤ カローラフィールダー 新品  スポーツ 大学  モンキー 中古パーツ  多良木自動車学園  パワーストーン  福島 合宿免許  音楽 専門学校 福岡  インプレッサ スバル 中古  名簿販売